ページ最上部
ページ最下部
高洋電機株式会社

純タングステン、インコネル等難削材加工から、プレス、
カシメ、アセンブリー、製品梱包までの総合ものづくり

高洋電機株式会社
会社沿革

当社は、長年神鋼電機(株)伊勢工場のクラッチ部門の協力工場として、複写機用に組み込まれる電磁マイクロクラッチとブレーキ、またフラットモーター、ブラシレスモーターを主力に部品加工から組立・検査・出荷までを一貫生産してまいりました。
その技術に磨きをかけるべく近年は、建築部品、自動車部品、建機部品、情報機器部品など幅広い業界とのお付き合いを頂き、今日に至っています。

高洋電機株式会社
1951年初代社長 高祖亀太郎が三重県鳥羽市に有限会社高祖鉄工所を創立
1968年鳥羽工業団地内に鳥羽工場を設立
1973年現会長高祖洋が事業を継承し、度会郡玉城町に高洋電機株式会社を設立(神鋼電機株式会社の協力工場として業務を拡大)
1977年オフィスコンピューター第一号機Q.C.D生産管理業務に導入
1978年NC第一号機を生産効率向上を目的として導入
1981年中小企業庁長官より中小企業診断優良工場として表彰
カヤバ工業株式会社と取引開始
1983年鈴鹿富士ゼロックスと取引開始
子会社コーヨーファースト設立(本社営業本部を高洋電機社内に設置)
1984年中小企業庁長官より中小企業合理化モデル工場指定書を受賞
三重県労働基準協会より労働衛生管理優良事業所として表彰
1985年損害保険代理店業務開始
1985年度会郡小俣町湯田にコーヨーファースト湯田工場完成、操業開始
ヨロズ精工株式会社と取引開始
1986年中小企業庁長官より中小企業合理化モデル工場指定書(2回目)を受賞
美和ロック株式会社と取引開始
1989年高洋電機 資本金3,000万円に増資
1990年コーヨーファースト、資本金1,000万円に増資
1990年日本電産株式会社滋賀工場と取引開始
1991年鳥取日本電産株式会社と取引開始
1994年日本電産株式会社峰山事業所と取引開始
1996年シンポ工業株式会社と取引開始
1996年タイ日本電産株式会社と取引開始
1996年株式会社シンポ・セラミックスと取引開始
1997年鈴鹿富士ゼロックス株式会社と取引開始
1998年日本電産トーソク株式会社と取引開始
1999年日本電産シンポ株式会社と取引開始
2000年事務機用機械部品製造事業部としてISO9001(品質システム)認証取得
2000年事務機用機械部品製造事業部として国際標準規格であるISO9002(品質システム)認証取得
2002年高洋電機 資本金5,000万円に増資
2006年私募債発行(みずほ銀行引受)
2007年ISO14001認証取得
2010年パナソニック株式会社HA社と取引開始
2011年私募債発行(百五銀行引受)

高洋電機株式会社社屋